• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーリードのあげく



我が家の散歩コース、文京グリーンコート。
この辺りは犬の散歩に適した所が無く、毎日朝夕は近所のワンコが沢山集まってきます。

その中の一部がよくノーリードで遊ばせておりいつもヒヤヒヤして見ていました。
通行人の迷惑になっている等、あまりに目に付く時は何度か注意した事もあるのですが、「先生」等とあからさまに嫌みを言われる事もあり、皆近所の顔見知りなので角が立ってもと思うと最近はあまり言い出しにくいのが正直なところでした。

またフードにしても、未だにホームセンターの大袋や人間の食べ物を与えいてるような方も結構いらっしゃるんです。
以前は話題になる度一生懸命説明してましたが、解ってくれない人も多く、人種や住む世界が違うのだと諦めてました。



ところが先日とうとう事故がおきてしまいました。
ある一頭がボール遊びの最中、道路に飛び出して車に跳ねられてしまったのです。
実際はグリーンコートから少し離れた場所だったのですが、ちょうどサル達を自転車引きして通りかかった時に現場に居合わせてしまったんです。
跳ねた車は逃げ、家族が車で迎えに来て病院を探している時でした。
最初「犬が跳ねられたので夜やっている病院をどこか知らないか」と声を掛けられ、車を覗くとなんと顔見知りのワンちゃん。
あわてて一緒に近所の病院を当たり、何とか近所で見つかってそちらへ。自分はそのまま家へ帰り、後から電話で状況を知らせて貰いました。
病院では安楽死を進められる等、かなり酷い状態だったそうです。
なんと声を掛けて良いやら、大変落ち込みました。
ご家族は出来る限り治療をという選択をしたらしいです。

幸いここ数日何とか持ち堪え、食事も出来るまでに回復したそう。
まだ予断は許さないそうですが、とりあえず一安心。

本人には気の毒ですが、飼い主の不注意による事故はワンコが本当に可哀相です。
その方曰く、いつもはボールを拾ってまっすぐ帰って来るのに、その日に限って飛び出しとか。
やはりワンコに「いつもなら」とか絶対は無いと思わないといけませんね。
うちはラン以外ではノーリードにはしませんが、それでも時々ヒヤッとす場面もあります。
今回の事故は改めて身につまされました。

翌日のグリーンコートではその話題で持ちきり。
少しは皆懲りたかなと思ったのですが、まだノーリードで遊ばせる方もいてがっかり。
可哀相なワンコがこれ以上出ない事を祈るばかりです。



暗い話題になってしまいましたので昔の写真で気分転換。
上の写真と同じ日に撮ったものです。
060927_g_cote1.jpg

ぽっきー1歳前の時です。子供達がまだ小さくて、この頃は可愛いかった。

ぽっきーが小さくて見えにくいのでもう1枚。
060927_g_cote3.jpg

Comment

本当に!

私の周りでも(かなり身近な人達もね ^-^;)「自分ちは平気!」と言う考えなんでしょうね~・・・ノーリードにする方がたくさんいます。
我家の2パピは飼い主が不甲斐ないので完全なる呼び戻しをする自身がないので絶対離しません(^-^;

でも例えどんなにしつけが入っていて呼び戻しができる子でも人間の及びもつかない事に興味を示してすっ飛んで行ってしまうかもしれないじゃないですか!?
私はそれを考えると本当に恐くて離せません!
また平気と思って離しているよその子達も「よかった~!今日も無事で・・・」と1人心の中で思ってしまいます。

ハックが誤飲した時に後悔してもしきれない思いをしました!
ノーリードにしている方達もこう言う思いをする前に気付いてほしいですね!

ぽつくん&お子ちゃま達、本当に可愛いですo(*⌒―⌒*)o♪
今ではすっかり大人ですものね!
あっ!ぽつくんは永遠の子パピだった( ̄m ̄*)

周囲に注意を促していただけにAKIさんの心中お察しします。
事故に遭ってからでは遅いんですよね。こちら方面でもラン以外で走らせている人がいますが、、、、、この先も大丈夫とは絶対に言えないこと
なので声掛けはしていこうとおもいます。

怖いです~(><)とりあえず、わんちゃんが無事でよかった。
お店の前に繋いでおいて連れ去られ、殺害される事件とかもありましたよね。
注意喚起する内容のカードを作成し、配る活動をどこかのブログで紹介してました。可愛いデザインのオシャレなカードでした。
これは、なかなか良いアイデアと思いませんか^^;

山ママ、ホントうちの近所でも「うちは躾がちゃんとしているから何処へも行かないの」とか言ってノーリードにしている勘違い人がいるけど、躾とは別の次元の話ですよね。

かずさん、こういう注意ってとても難しいです。
以前公園でノーリードの犬がしつこくまとわりついてきて飼い主に注意したところ、逆ギレされて怖い思いをしました。とても嫌な世の中です。

ぴろみんさん、そのカード良さそうですね。これなら渡してさっと引き上げられるし。トラブルになる事も少なそう。

ワンコは飼い主選べなくて可哀想。ヒドイ話っすね。
健康で元気に育ってくれてたのに、なんとか元気になってくれることを
願います。
フードの話もね・・・難しい話題のひとつですよね。
でもさ、AKIさんとこの子供さんたちみたいに、きちんとワンコを理解
してくれる次世代が増えてくれることを期待すれば、少しはモヤモヤが
薄れるってもんです。
それにはぴろみんさんの言うような行動を、アタシ達がしていかなきゃ
いけないってことなのかもしれないですね。

ガリさん、飼い主さんはとても一生懸命な良い方なんです。ただ、初めてのワンコだった事もあって周りのノーリードの子に引きずられてしまったんでしょうね。

後で聞いたのですが、そこの院長はすぐに安楽死を進める事で一部に知られていたそうです。
幸いそのときは別な先生が引き継いで治療をしてくれたので助かったのですが、そのまま院長の言う事を聞いていたらと思うとゾッとします。

そうでしたか。。。飼い主さんは最悪の勉強をしちゃったんですね。
事故にあったワンコちゃんの診察が院長先生じゃなかったというのは
その子が強運だったのかもしれない。
運を信じて元気になってくれることを願うばかりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tinnachu.blog36.fc2.com/tb.php/112-7bf45492

一段落 | BLOG TOP | 久しぶりに辰巳へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。