• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独・伊・英



自宅の車庫に違う車が入ってます。
車、買い換えたのかって?
いえいえ、BMWの3Daysモニターで借りたんです。
車種は320ツーリング。
これは3日間乗る事で普通の試乗では解らない車の良さを理解してもらおうという趣旨だと思います。
たぶん普通にBMWを3日間も借りたら10万円以上掛かると思うので、メーカーの太っ腹に感心しました。

折角なので遠出もしたかったのですが、あいにくの天気でワンコ達も連れ出せないし、それならという事でディラー数社に電話をした上で欧州車の乗り比べをしました。

320exterieur.jpg

まずはBMW、以前の320は6気筒だったのですが、最近のは325以上が6気筒で320は4気筒、残念ながらシルキー6を味わえませんでした。でも4気筒ながらかなりスムーズなエンジンです。
Mスポーツパッケージで足周りが固められた乗り心地は、ドイツ車らしく硬めです。
ハンドリングは大変素直でまっすぐ走り、しっかり曲がるという基本はとても高次元なもののようです。
高速では更に安定した走りを見せてくれましたが、全体的には日本車との差をあまり感じられず、ちょっと期待外れ。

320interior_jp.jpg

内装はスポーティさ+落ち着いた感じで万人受けするでしょうね。私的には雰囲気が大人しくて抑揚感は感じませんでした。
もっと上のクラスなら更に良さが有るのでしょうが、このクラスだとこんな程度なのかな。
よく売れている車ですが、理由は...売りの危険回避の優秀なところ?
それともプランドイメージなんでしょうかね。

159Exterior.jpg

次に向かったのがアルファロメオ。
ドイツ車に肩を並べたと言われる159。GMの世界戦略車として開発された下回りにジウジアーロがデザインしたボディを被せ、エンジンも上側をアルファのオリジルとした車。

159interior.jpg

乗った途端、内装の雰囲気の良さが感じられました。
家具の高級メーカー、ポルトローナ・フラウ製の本革シートは体に馴染み、アルミパネルに埋められた3連メーター等もスポーティさがあってとても良い感じ。

こちらは一般の試乗と同じでセールスマンが同乗の上、近所を一週のみでした。
でも、いざ走り出したとたん、その楽しさに感激、普通の交差点を回るだけなのに何故かワクワクさせられます。
この感じは昔乗ったアウトビアンキA112アバルトに近いものです。

この車のオートマチックは独特で、一般のトルクコンバーターでは無くクラッチがあり、その操作と変速操作を自動でやってくれるという仕組み。
なのでトルコンのようにアクセルを放すとジワジワと動く事(クリープ)が無く、慣れないとちょっと変な感じ。しかもアクセルワークがラフだと変速時に軽いショックも感じます。
変速操作はマニュアルでも出来、ハンドル裏のパドルで行うのはフェラーリやF1と同じ仕組み。
かなりスポーティで、特にシフトダウンする時は空ぶかしまで入るので楽しさ倍増。うーん、凄く魅力を感じる...

159_b.jpg

イタ車は赤がホントに良く合うけど、黒のチョイ悪風も格好いいですねぇ。


z_estate_ext.jpg

次に乗ったのがジャガー。
一番小型のXタイプ・エステート。
フォードが開発した下回りにジャガーがボディを被せました。
x_estate_int.jpg

内装はさすがにジャガー、上のクラスとほぼ同じデザインに上質な本革シート。
乗る人が「ほぉっ」、と関心しそうな程良い感じです。
ところがエンジンをかけスタートすると、なんかエンジン音ががさつな感じ。これで6気筒?って思うほど安っぽい感じで、BMWの4気筒の方がスムーズでした。
基本がフォードの小型車なせいかな?。やっぱりジャガーはSかXJで無いと良さが無いのかもしれません。


3日後、BMWを返却し、エルグランドに乗ると、おおっ、デカっ、と思わず呟いてしまったくらい大きさを感じました。
感じはバスの運転席に座った気持ち。
rider_int.jpg


今回の試乗、実は最近大きな車が妙に負担なってきた事で、次は小回りの利く、乗って楽しい欧州車を試してみたくなったんです。
確かにミニバンは荷物や人も一杯積めて大変便利なんですが、運転していてちっとも面白くなく、さらには峠道では負担に感じるだけ。昔峠道が楽しかった車を思い出し、多少不便を感じても、またそう言う車に戻りたくなりました。

エルグランドを買った時(3年半前)は大きくなった子供達や座席を占めるティナ、またキャンプ(車中泊等)も良く行っていた事から選びました。パジェロからの乗り換えで、運転の楽しさよりも実用性重視だったのです。
実際、車中泊用の特注までしているので中で寝るのは大変快適でしたし、ソファや冷蔵庫を運んだりと大変重宝しました。

が2、3年も経つと環境も変わるもので、殆どキャンプも行かないし(体力も落ちて面倒になったかな)、子供達も一緒に乗る事も少なく、サードシートより後ろは入らないと思う程です。
荷物が有るときは会社のバンで済むしねぇ...。

今回はとても面白い体験をさせて貰いました。
お国柄を感じる事もたくさんあり、たまには違う国の車種に乗るのも刺激になって良いですね。
(フランス車はそ乗ってないけど、そのうちまた試してみます)

まだ暫く先になるとは思いますが、このきっかけで買い換えた際にはまた報告します。


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tinnachu.blog36.fc2.com/tb.php/215-5a0dd674

性能 | BLOG TOP | 9月の連休


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。